前へ
次へ

労働相談を受けることの大切さ

労働はここ日本においても、しっかりと憲法によって守られています。雇用関係は労働基本法や労働組合法、労働関係調整法などによって法律的に規定されています。多くは、弱者にあたる労働者側に有利になるような規定となっています。しかし、実際の労働現場においては、憲法や諸法律の規定がいかされていない場面が多いのも事実です。入社のときに示された労働条件が維持されなかったり、職場の上司によるパワハラを受けるなどといった、本来あってはならないはずのことが日常茶飯事になっている企業もあります。その場合、大切なことは、職場の誰もがそれらを我慢しているから自分も我慢する必要がある、という発想を持たないことです。働かせてもらっている、給料を頂いている、という発想で会社勤めを行っていると、少々のことは我慢する必要があるのは当然だと考えがちなのですが、それは長い目で見れば間違っています。会社自体に、あるいは、職場環境に問題があるようならば、公の労働相談を受けるべきです。労働相談を受けることで、労働者の権利という考え方を自分がもてるようになるとともに、他の労働者にもその考え方を分つことができるようになるのです。

Page Top